浦島通信

« 春の行楽シーズン到来!海苔を使ったお弁当で、元気に楽しく! | | 夏にむけ、海苔で健康的にダイエット! »

2012年04月27日

紫外線対策には、「黒」が効く?!

そろそろ、陽射しの強い日も増えてきましたね。春先から強くなる紫外線への対策をそろそろしている方も多いのではないでしょうか?最近では、サングラスや日傘をさす方も多いですよね。


太陽光には、体内のビタミンDを合成する働きや、体内時計を整える作用があります。しかし、長時間太陽光を浴び続けるのは、皮膚の炎症のもとになります。太陽光に含まれる紫外線は、皮膚表面の日焼けのみならず、しみやしわ、免疫低下を起したり、白内障の発祥に影響するといわれています。


一昔前までは、日傘は、白や薄い色でレースなどの透け感のある清涼感のあるものが主流でしたが、最近では黒い日傘が多く見られます。
白い日傘は、紫外線を反射することにより、紫外線をカットします。しかし、すべての紫外線を反射できるわけではないようで、布の隙間などから紫外線の侵入を許してしまう場合もあるようです。
その一方で、黒い日傘の場合は紫外線を黒い色で吸収してしまうことにより、お肌に届く前に紫外線をカットしてくれるそうで、白い日傘よりも黒い日傘のほうが、紫外線対策には有効のようです。


サングラスや日傘などの外からの紫外線対策以外にも、摂取する食品から紫外線対策をすることもできます。紫外線対策に有効な栄養素は、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などとされています。
黒い食品「海苔」は、ビタミンやミネラルが豊富。海苔には、1枚でみかん1個の1.5倍含まれています。また、海苔に含まれるビタミン類は、調理の熱で壊れることが少ないのが特長です。
今回の浦島クッキングでご紹介した「おにぎり天ぷら」。海苔と油を一緒に使うことでいっそうおいしくなるだけではなく、海苔に含まれるベータカロチンの体内への吸収率も10倍アップするそうです。ベータカロチンは、紫外線による皮膚の変化を抑制する大切な要素です。


外からのケアだけでなく、食事面からもどんどん紫外線対策していきましょう!


浦島クッキングサイトはこちら
http://www.urashima.co.jp/cooking/index.html
海苔のおはなしもぜひお読みください!
http://www.urashima.co.jp/story/index.html