浦島通信

« 新海苔の季節ももうすぐです。 | | 海苔の当たり年になりそうだという報告も »

2012年11月30日

日本各地で新海苔の生産が始まりました!

気候が寒い北の地方から順に始まる新海苔生産。12~13℃の低水温の海中で、海苔は、すくすくと育ちます。北の海苔の生産地、宮城県では全国に先駆けて11月5日から一部の産地で新海苔摘みが始まり、だんだんと南下し、有明海でも、11月中旬過ぎから新海苔摘みが始まりました。


新海苔とは、各生産地で一番最初に摘み取られた海苔。芽が柔らかく、香り高いのが特長で、お歳暮などの贈答用に重宝され、百貨店やスーパーなどでは、すでに新海苔の予約が始まっています。


生産地からは、初摘みの海苔だけに旨みのある口どけの良い海苔が採れており、美味しい海苔が消費者の皆様へお届けできそうだという報告も聞こえてきています。楽しみですね。


さて、今回の海苔のお話は、「海苔の成長のしくみ」の解明と「海苔の人工授精」の成功。私たちが日々海苔をおいしくいただけることを可能にしてくれた学者や研究者たちのお話です。ぜひ、ご覧ください。


気がつけば、12月。クリスマスももうすぐです。今回の浦島クッキングでご紹介している「クリスマスの飾り寿司」は、お客様やお子様が喜ぶこと間違いなしのパーティーレシピ。新海苔を使用すれば、彩り鮮やかなだけでなく、美味しさも倍増するでしょう。ぜひ、パーティーで作ってみてください。


浦島クッキングサイトはこちら
http://www.urashima.co.jp/cooking/index.html
海苔のおはなしもぜひお読みください!
http://www.urashima.co.jp/story/index.html