浦島通信

レシピのこと | | 次のカテゴリ:海苔通信

商品情報 アーカイブ

2007年06月01日

自宅で簡単に作れる郷土料理シリーズが人気

最近は熱くなってきたせいか「冷や汁ごはんの素」(標準小売価格210円税込)に関する、お問合せが増えてきました。
特に最近話題の宮埼県の郷土料理ということもあって注目されているようです。
本格的に作ろうとすると、干物を焼いて、ごまといっしょにすり鉢ですって、味噌と混ぜて表面を焼いて・・・となかなか手間がかかるのですが、「冷や汁ごはんの素」があればご飯とおいしい水を用意するだけ。これに、みょうがなどの野菜を切って入れれば本格的な冷や汁の出来上がりです。
また、そうめんのつゆや、サラダのドレッシングにアレンジするのもお勧めです。
郷土料理シリーズには、奄美大島の「鶏飯の素」、熊本の「高菜めしの素」、長崎の「うに飯の素」(3品ともに標準小売価格231円税込)もあります。まだ食べたことのない方はぜひお試しください。
近くのお店に商品がない場合は、当Webサイト内からでもご注文が可能です。
こんな郷土料理が商品化されたらいいな、といったご意見などもどしどしお寄せください。

商品のお問合せ、ご注文、ご意見などは下記からどうぞ
http://www.urashima.co.jp/contact/index.html

2007年07月31日

こだわりぬいた味付海苔はどれも浦島海苔の自信作です

浦島海苔では昔から味付海苔に対して並々ならぬこだわりを持っています。素材にこだわり、お客様の好みに応えるべく誕生した味付海苔は、醤油やアレルゲン表示義務5品目を使用せずに作られています。味付海苔の中でも特にこだわっている商品が「有明そだち 味のり」(標準小売価格473円税込(6袋) 420円税込(10切70枚)。この商品はじっくり低温で焼き上げた良質な初摘みの有明産の海苔に鹿児島県産かつお節、九州産いりこ、大分県産椎茸で取ったダシと赤穂の塩で味付けしています。アレルゲン表示義務5品目及び推奨20品目、遺伝子組み換え原料、化学調味料、添加物などを一切使用していません。味へのこだわりだけでなく安全・安心へのこだわりも徹底しているのです。
その他、海苔の表面に特殊製法で鮭、梅、ごまなどの食材を付着させた他では見たことのないようなユニークな味付海苔「彩り香味」シリーズ(標準小売価格525円税込)もあります。この商品はご飯のお供としてだけでなく、おやつやおつまみとして手軽に食べてもおいしい一品です。
味付海苔なんてどれも一緒とあなどってはいけません。ぜひこだわって選んでみてください。

商品のお問合せ、ご注文、ご意見などは下記からどうぞ
http://www.urashima.co.jp/contact/index.html

2007年08月31日

待望の新商品が続々登場しました!!

8月23日に新商品が4アイテム登場しました。浦島海苔が自信を持ってお勧めできる品々です。まず最初の1品は、健康のため、そしてお子様の成長のためにもっと海苔を召し上がってほしいという思いを込めて生み出された「わが家の海苔」(標準小売価格卓上タイプ525円税込・詰替用420円税込)です。大容量の10切100枚入り(全型10枚分)で卓上タイプと経済的でエコな詰替え用をご用意しています。2品めは人気の「生タイプふりかけ しそわかめ」(標準小売価格158円税込(50g))シリーズに新たに加わった「カツオ」と「梅」です。お弁当、おにぎり、パスタなど色々な用途に使えて便利です。3品めは「プチおにぎりのり」(標準小売価格263円税込(5切50枚(全型10枚分))。小さめのおにぎりを作るのに便利なサイズの焼き海苔です。通常のおにぎりのりの幅が7cmのところ本商品は幅4.5cmになっています。4品めの「ばら干し焙り海苔」(標準小売価格210円税込(6g))は摘み取った香り高い海苔の原藻をそのまま乾燥させた商品です。味噌汁やラーメンなどの汁物に入れて召し上がっても良し、サラダのトッピングなどにしても美味しいです。
どれも厳選した素材を使用した安心・安全な商品です。もちろん家計にもうれしい経済的な価格でご提供しています。

商品のお問合せ、ご注文、ご意見などは下記からどうぞ
http://www.urashima.co.jp/contact/index.html

2008年02月29日

本格的な味を手軽に!浦島海苔の美味しい新商品

郷土料理シリーズに待望の新商品が登場しました。シリーズ商品も今や6アイテムまで増え、様々な土地の郷土料理をご家庭で手軽に楽しむことができます。シリーズ第一弾、宮崎の「冷や汁ご飯の素」は発売直後から根強いファンに支持されています。また最近の宮崎ブームの影響もあってか更に人気は高まっているようです。他にも鹿児島奄美地方の「鶏飯の素」、長崎・壱岐の「うに飯の素」、浦島海苔の地元熊本の「高菜めしの素」など好評発売中です。
郷土料理の新商品として加わったのは、愛媛の「鯛めしの素」、瀬戸内地方の「じゃこめしの素」の2アイテム。いずれも海の香りを存分に楽しめる一品です。出来上がった混ぜご飯の上に、きざみ海苔をたっぷりのせて召し上がれば更に美味しさアップです。合わせて「海苔スープ」があればいうことなしです。
お茶漬けシリーズにも新商品が加わりました。ネバネバが大好きな人にはたまらない「納豆茶漬け」。フリーズドライの納豆に、がごめ昆布も入って、かつお醤油味のだしが美味しさを引き立てています。
商品がお近くのお店にない場合は、個人のお客様でも下記の問合せフォームからお買い求めいただくこともできます。(ご注文は1箱以上からお受けしています)


商品のお問合せ、ご注文、ご意見などは下記からどうぞ
http://www.urashima.co.jp/contact/index.html

2008年03月31日

食品の安全性で注目が集まる国産原料だけを使ったふりかけ

ふりかけに新商品が登場しました。その名も「国産原料ふりかけ」。主原料はもちろんのこと調味料に至るまで全て国産の材料にこだわり、一切添加物を使用していない商品です。食の安全性が問われる昨今、国産原料には高い関心が寄せられています。浦島海苔では昔も今も変わらず、お客様に安心して召し上がっていただける商品をご家庭の食卓にお届けするといった一貫した企業ポリシーがあります。まさにその集大成ともいえる商品の登場です。かつお節や小魚がたっぷり入って、カルシウムも豊富なこのふりかけは、育ち盛りのお子様はもちろん大人の方にも美味しくたくさん召し上がっていただきたいものです。
商品がお近くのお店にない場合は、個人のお客様でも下記の問合せフォームからお買い求めいただくことができます。(詳細につきましては問合せフォームよりお問合せ下さい。)


商品のお問合せ、ご注文、ご意見などはこちらからどうぞ
http://www.urashima.co.jp/contact/index.html

2010年09月30日

ちょっと変わったふりかけが人気!

浦島海苔は、海苔の会社なのでもちろんお勧めの海苔商品もたくさんあるのですが、ごはんの良き友“ふりかけ”のラインアップはなかなかの個性派揃いで味も本格派。その個性派の中でも人気が高いのが「カレーふりかけ」。先日はテレビでも紹介されました!なんと「カレーふりかけ」は、熱々のごはんにかけると、トロ~リと溶けて本物のカレーを食べているような味わいなのです。味も甘口・中辛があるので、お子様から大人まで楽しめます。
みなさん、突然ものすごく「カレーが食べたい!!」と思うことないですか? でも作るのも面倒くさいし・・・なんて時のためにぜひ我が家に1袋用意しておきたいい1品です


商品紹介“ふりかけ&お茶漬け”サイトはコチラ
http://www.urashima.co.jp/products/hurikake_chazuke/index.html

2010年10月29日

11月は新海苔の摘み取り時期です

いよいよ海苔のシーズン到来!! 11月は新海苔の摘み取り時期です。今年の海苔の出来はどうでしょうか。気になりますね。そろそろ百貨店やスーパーなどではお歳暮用の新海苔の予約が始まります。この時期になると毎年、1年が過ぎるのは早いなと思ってしまいます。
新海苔を見ると年末、もう冬だなと感じるように、1年サイクルで成長・収獲する海苔は、俳句の世界では同じ海苔の付いた単語でも冬に採れる“新海苔” “初海苔” “寒海苔”は冬の季語。
“岩海苔” “海苔船” “海苔抄く” “海苔干し”は春の季語になるそうです。海苔で季節を感じるというのも情緒があって良いですね。今からアツアツのご飯と一緒に新海苔を食べるのが楽しみです。


商品紹介“海苔”サイトはコチラ
http://www.urashima.co.jp/products/laver/index.html

2011年03月31日

白いご飯があっという間にハヤシライスやオムライスに!

3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震により被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈り申し上げます。

さて、今回紹介したいのは数ある浦島海苔のユニークなふりかけの中で最近イチオシの「どこでもシリーズ」です。この商品は、ごはんにふりかけるだけで、いつでもどこでも人気料理の美味しさが楽しめるというもの。只今「焼肉」「牛丼」「チキンライス」「ちらし寿司」「ラー油麻婆」「ハヤシライス」「オムライス」の7種類が発売中。これだけあれば1週間、違う料理が楽しめますね!ごはん以外にパスタ、チャーハン、ピザ、お好み焼き、サラダなどにふりかけるとまた違った味わいが楽しめます。忙しい主婦や、これから一人暮らしを始める人にはお勧めです。


“商品紹介”ふりかけ&お茶漬けのサイトはコチラ
http://www.urashima.co.jp/products/hurikake_chazuke/index.html

2011年06月30日

暑い夏に負けないカラダづくりは食事から!

今年は梅雨入りが例年よりも早く、梅雨も明けぬ6月からすでに何回も真夏日を記録しています。また今年は、節電の影響でどこかしこも暑い状況。ニュースでは連日、熱中症に注意してこまめな水分補給を呼びかけていますが、やはり、暑さに打ち勝つためには食事も大切。暑さで食欲が減退する時期、充分な栄養を摂れるよう、食事にも一工夫が必要です。夏場はキッチンに立つのも一苦労。今年は節電効果で、お惣菜やさんが大人気だそうです。ただ、毎日お惣菜を購入するのも不経済。調理時間を短くする工夫として、お役立ちなのが“海苔”。“海苔”はミネラルも豊富なので、汗をたくさんかく夏にはもってこいの食材。もみ海苔をふりかけのようにご飯にたっぷりかけて、軽く塩をふって食べるのは我が家の夏の定番。他、パスタやそうめん、サラダなどにもみ海苔をふりかけると食欲も増し、栄養価もプラスされるのに、調理時間は時短できます。まさに“海苔”は魔法の食材。我が家の食卓になくてはならないものです。


“商品紹介”サイトはコチラ
http://www.urashima.co.jp/products/index.html

2011年07月29日

なぜ子どもはのりをそのまま食べたがるんだろう

自分の子どもだった時がはるか昔の記憶となり、自分の子どもを目の前にして「子どもってなんでこんなことするんだろう?」と思うことが多い私。みなさんはどうですか?そんな子どもの行動の中で、海苔に関することをお話させてください。子どもって、海苔をそのままパリパリと食べたがりませんか?小学校低学年のわが娘も、そのお友達たちも、海苔が大好きです。そして、揃ってパリパリと美味しそうにいくらでも食べます。
なぜ、子どもは海苔をそのまま食べたがるんだろう・・・という「?」への答えは、今回の「海苔のお話」にあります。海苔は3つある「うま味成分」をすべて含む唯一の天然食品なのです。とにかく、うまい!のです。海苔はご飯に添えられていたり、そばやうどんに振りかけられていたり、とにかくいつも目立たない存在ですが、実はその役割は大きく、たとえて言うなら名脇役、なくてはならないものです。海苔が主役の良さ・おいしさを引き立てているのです。
大人になって、海苔をパリパリと食べる楽しみも忘れていた私ですが、あんなに美味しいものを思いっきり味わわない手はないと思いなおしました。本当に、子どもが大好きなのも納得、食感も良く、うま味たっぷり、そしてミネラルやカルシウムなどの栄養も豊富となれば、子どものおやつにぴったりですね。そのまま食べるのも◎ですが、弊社の商品に「カレーのり」シリーズ、「スナックのり」などおやつ用の海苔もありますのでぜひお試しください!

この夏、子どものおやつに、そして大人の栄養補給にも海苔をどうぞ。


“商品紹介”サイトはコチラ
http://www.urashima.co.jp/products/index.html

2011年08月31日

夏の疲れを吹きとばそう

みなさんはどんな夏を過ごされましたか?
夏と言えば、子どもたちは長い夏休みがあります。ワーキングマザーの私にとっては、「悪夢のお弁当月間」でもあります。

今年の私のお弁当づくりのテーマは、「海苔をプラス」。とにかく、何にでも巻いたりかけたり包んだり。中でも子どものお気に入りは、昔ながらの(!?) のり弁風ごはん。少し醤油をまぜたかつおぶしと海苔をご飯の上に敷き詰めます。おにぎりよりも喜んでもりもり食べてくれました。

この「海苔をプラス」作戦は、疲労回復にも大いに役立ってくれたように思います。海苔に多く含まれるビタミンB1は、糖質を効率よくエネルギーに変える働きがあるので食欲がない時や疲れやすい時に摂るといいと言われます。子どもたちが毎日元気に過ごせるように、お弁当も一工夫したいものです。

さて、これからは涼しい日が増えて過ごしやすくなり、秋にむかって食欲もUP!・・・とはいうものの、この時期になると、気になるのはやはり夏バテ。食べ物のおいしい秋を控えて、夏の疲れを癒し、胃腸も整えて、秋の味覚を堪能したいですね。夏バテには、毎日の食事にビタミンB1がたっぷりの海苔をプラス!海苔を使ったレシピはこちらから


“商品紹介”サイトはコチラ
http://www.urashima.co.jp/products/index.html

2011年09月30日

海苔の食べ方、こぼればなし

気がつけばもう10月、いよいよ味覚の秋が本格的にスタートします!みなさんはいかがお過ごしですか?

今月の「海苔のおはなし」(第55話)、読んでいただけましたか?
海苔の摂り方次第で海苔の効果がさらに高まる・・・お勧めの食べ方をご紹介しています。よく「食べ合わせ」がいいとか悪いとか言いますが、こうして見てみると本当に食べ方を工夫することで、食材の持つ良さを最大限に引き出したり、他の食材の持つ欠点を補ったり・・・食というのは深い!と改めて感じます。

さて、「海苔のおはなし」のこぼれ話・・・としてもうひとつ、ユニークな海苔の食べ方「ヨーグルト風味海苔ドレッシング」*をご紹介します。海苔は腸内のビフィズス菌を増殖させる食物繊維も含んでいるため、腸をきれいに保って、老化予防にもいいみたいです。老化予防と聞くと、試さないはずがありません!しかも、海苔とヨーグルトとはあまり聞いたことがない、新鮮な取り合わせですね。

作り方ですが、海苔1枚を細かくちぎり、酢(大さじ2)で1時間ふやかし、油(大さじ2)を加えます。さらにヨーグルト(大さじ2)を入れてまぜ、お好みでみじん切りにした玉ねぎ、塩、こしょう、ハチミツで味を整えます。

ぜひお試しくださいね。

*出典:日本医療栄養センター「海苔をひと工夫して元気を倍増」


“商品紹介”サイトはコチラ
http://www.urashima.co.jp/products/index.html

2011年10月31日

海苔がアートに!

秋も深まり、紅葉で街が美しく彩られるのが楽しみな今日この頃です。

さて、今日は海苔のアートをご紹介します。
みなさんは「海苔アート」や「レース海苔アート」をご存知ですか?これが本当にすごいのです。
人気アニメのキャラクターや自分の好きな絵柄などを焼き海苔で切り絵のようにカットして、ハムやチーズに貼り付けます。そしてそれが「レース海苔アート」になると、繊細なレース編みを海苔で再現します。アートだ・・・!

作り方は、好きな絵を使いたいサイズにコピーし、そこに海苔を重ねて切っていくそうです。デザインナイフがあると美しく仕上がるのだとか。

何年か前からキャラ弁が流行っていますが、その流れで出てきたようです。お弁当をあけると、大好きなキャラクターの絵があると、子どもは大喜びですね。

最後にひとつ。海苔アートの紹介でおもしろい活用法がありました。
それは、絵ではなく、好きなフォントの文字を使って短いメッセージを切りぬき、ご主人や子どものお弁当にいれるんだそうです。「ありがとう」もよし、好きな言葉を入れるもよし。面白いのは、日頃の憂さ晴らし!?に、普段は言えないご主人への文句を小出しに書いてます!という方も・・・(笑)。いつものお弁当作りにちょっとこんな工夫をしてみても楽しいですね。

この「海苔アート」の作り方や作品などを紹介したホームページやブログもたくさんあるので、興味のある方は調べてみてください!

“商品紹介”サイトはコチラ
http://www.urashima.co.jp/products/index.html